TF

創作物語 ThunderForce forever

時代背景

銀河歴 -17年
各惑星にヴィオス級気象コントロールシステムの配備が終わる。
銀河歴元年
銀河連邦設立、広範囲に及ぶ銀河惑星、知的生命体の連名が結成される。
銀河歴100年
銀河系に永遠のエデンを造ることを約束する。
銀河歴698年
銀河連邦の抱える恒星系、惑星同士の緊張が高まる。物資の流れが途絶えはじめたためである。ここ数百年にわたり議論が繰り返されてきた懸念事項が、遂に具体化されることになる。
惑星の貧困の差ができはじまる。
レオ恒星系から他銀河への航路が、2つ発見される。
銀河歴703年
銀河連邦の抱える惑星資源が底をつきはじめる。
銀河連邦は発見された2つの航路のうちの一つ、プラズマラインを選択し他恒星系へ調査団を派遣することを決意するが、帰還することはなかった。
プラズマラインの行き着く先にある恒星系を、オーン恒星系と命名する。
銀河暦706年
銀銀河連邦はオーン恒星系へ2度目の調査団を派遣する。
オーン恒星系の惑星に豊富な資源が眠っていることが明らかになるが、オーン恒星系知的生命体により妨害される。
彼等は知的生命体オーンと呼称されるようになる。
銀河連邦、もう一つの航路クラウンへ調査団を派遣する。
銀河暦711年
知的生命体オーンとの紛争が相次ぐが、銀河連邦は資源を強行奪取する。
クラウン航路を通って発見された恒星系を、ライト恒星系と命名。共存可能な知的生命体と協定が結ばれる。
銀河暦732年
オーン恒星系の資源が取れなくなる。
オーン恒星系では、知的生命体オーン以外の生命体が絶滅していっていることが明らかになる。
銀河歴790年
知的生命体オーンはカウ・スと名乗る皇帝をかかげ、オーン帝国を築く。
銀河連邦に対し武力攻勢を行い、全面戦争へと発展する。
銀河歴800年
オーン帝国に対抗するため銀河連邦は軍を構える。
銀河連邦軍設立。
銀河連邦軍により、高機動兵器開発プロジェクト「プロジェクト・サンダーフォース」が始動する。
オーン帝国皇帝カウ・スの実態をつかむべく、調査が開始される。
銀河暦817年
プロジェクト・サンダーフォース、プロトタイプを完成させる。当初予定より大型の攻撃兵器となるが一時完成とした。これにレオ恒星系にちなみ最新鋭爆撃宇宙船FireLeo(ファイヤーレオ)と命名する。
オーン帝国へ反撃にでる。
銀河暦819年
銀河連邦は、オーン帝国の攻撃拠点が、オーン恒星系にある小惑星の一つであることを突き止める。その惑星は、超巨大要塞へと改造されていることも判明した。この超巨大要塞惑星をダイラディザーと命名。
惑星ダイラディザーに対し、FireLeoによる攻撃が開始される。
「ダイラディザー攻略戦」開戦 ※ThunderForce
銀河歴820年
ダイラディザー攻略戦は実らず、オーン帝国の勢力は弱まらなかった。
銀河連邦軍は、オーン帝国淘汰のためには、皇帝カウ・スを討つ必要があるとし、攻略目標惑星ダイラディザーを変更するよう銀河連邦に要請した。しかし、銀河連邦は、軍の20年もの調査にも関わらず、未だ実態がつかめていないと指摘し、これを退ける。
銀河連邦は、オーン帝国超兵器戦闘要塞プレアレオースによる攻撃を受ける。
オーン帝国、惑星ネピュラに攻撃を行う。
「プレアレオース大戦」勃発。
銀河暦826年
超兵器戦闘要塞プレアレオースとの激戦により、惑星ネピュラを後にする銀河連邦軍艦隊があらわれる。
ライプニッツ・クロー博士によって、CLAW粒子が発見される。
銀河暦833年
CLAW粒子をエネルギーへ応用する技術が確立する。
FireLeoの改良が行われる。
銀河暦845年
FireLeoは、超兵器戦闘要塞プレアオレースに対抗すべく高出力の大型攻撃兵曹を目的とした兵器へとシフトする。
また、別チームによりFireLeo小型化へ向けての基本技術革新が行われる。
銀河暦847年
FireLeoの量産態勢に入る。
銀河歴850年
FireLeoの反撃も空しく、銀河連邦本拠地を目の前とする惑星ネピュラはオーン帝国により占拠される。
銀河連邦軍、惑星ネピュラより完全撤退。
銀河連邦、惑星ネピュラに隣接し銀河連邦軍本部を置く惑星レダより、ライト恒星系へ移転開始。
銀河暦856年
プロジェクト・サンダーフォースにより、小型化されたFireLeoが完成する。
銀河歴868年
オーン帝国は、銀河連邦本部を超兵器戦闘要塞プレアレオースによって攻撃、惑星レダを消滅する。
銀河歴869年
銀河連邦軍は最新鋭爆撃宇宙船FireLeoの次世代機、高機動戦闘機Exrize(エクセリーゼ)を完成させる。
銀河歴870年
高機動戦闘機Exrizeによりプレアレオース破壊作戦が開始される。
「プレアレオース攻略戦」開戦 ※ThunderForce II
高機動戦闘機Exrizeによりプレアレオース破壊に成功した銀河連邦軍は、オーン帝国を沈めるべく消滅した小惑星エクセリーゼ(旧名:惑星レダ)に全艦隊を集結。惑星ネピュラ奪還する。
銀河連邦軍はプロジェクト・サンダーフォースを打ち切り。大型機動要塞/惑星間航行戦艦の開発に着手。
解散したプロジェクト・サンダーフォースチームを民間企業体が吸収。
銀河歴882年
銀河連邦オーン恒星系に勢力を拡大。
銀河歴888年
オーン帝国惑星ダイラディザーに、無人防衛システム・ケルベロスが配備される。これに対し銀河連邦軍は、オーン帝国皇帝カウ・スの存在を惑星ダイラディザーと断言し、攻略するも銀河連邦軍艦隊はことごとく敗北。
オーン恒星系内の銀河連邦勢力図が書き変わる。
銀河暦889年
銀河連邦は、プロジェクト・サンダーフォースを継続した企業体と癒着する。以後、開発される高機動戦闘機をL.E.Oと呼称し、作戦に特化したL.E.Oに対し、Fireの称号を与え、FireL.E.Oと位置づけた。
銀河連邦軍は政治権を弱める。
銀河連邦は銀河連邦軍を解散させ、一部を吸収する。
銀河歴890年
銀河連邦は、オーン帝国皇帝カウ・スを抹殺すべく、無人防衛システム・ケルベロスに反応しないほど小型かつ戦艦なみの火力を持ち合わせた高機動戦闘機FireL.E.O Styx(スティクス)を完成、投入する。
「オーン帝星攻略戦」開戦 ※ThunderForce III
オーン帝国皇帝カウ・ス死亡。
銀河連邦は全銀河に残存するオーン帝国勢力の消滅を約束。
ライト恒星系惑星アクエリアは、銀河連邦へ加盟を正式に発表。
銀河歴892年
高機動戦闘機FireL.E.O Styx量産に成功。
オーン帝国残留部隊ヴィオスが銀河連邦を襲撃。
「ヴィオス大戦」勃発。
オーン残留部隊を排除を行っていた銀河連邦は全滅する。
銀河連邦は、ヴィオスの潜伏場所をライト恒星系惑星アクエリアと確定。惑星アクエリアに対して破壊作戦を実行する。
オーン帝国残留部隊ヴィオス軍は、故オーン帝国皇帝カウ・スを凌ぐ戦力と判明。銀河連邦完全敗北。
銀河連邦はプロジェクトサンダーフォースによる最終的火力を装備した次期主力超高性能小型戦闘機FireL.E.O Rynex(ライネックス)の発進を急がせる。Rynexの技術者はこれを反対。しかし、戦況は悪化を辿る一方となり、やむなく実戦配備が行われる。
「ヴィオス攻略戦」開戦 ※ThunderForce IV
作戦実行中、ファウストと名乗る未知の勢力に遭遇する。
技術者の反対を押し切り実行されたこの作戦は、ライネックスの無謀な戦闘により、ヴィオス/ファウスト共に消滅させ、銀河連邦に一時的な勝利をもたらす。
銀河連邦はファウスト等の調査に乗り出すが、残骸、戦闘形跡を発見できず。また、ライネックスの残骸も発見できなかった。
ライネックスのパイロット、ロイ・S・マーキュリー/キャロル・T・マース生存確認できず。
銀河歴893年
銀河連邦は、超高性能小型戦闘機FireL.E.O Rynex機体残骸調査を破棄する。 ※ThunderForce V
銀河連邦は超高性能小型戦闘機FireL.E.O Rynexのパイロット、キャロル・T・マース生存を確認。密かに帰還を認める。
超高性能小型戦闘機FireL.E.O Rynexのパイロット、ロイの生存は確認できず。
超高性能小型戦闘機FireL.E.O Rynexチーフ開発者ノーマン・バゼスは、銀河連邦の特命により、プロジェクトサンダーフォースを立ち上げたチーム、解散後プロジェクトを支えた企業体等と共に、ダイダロスコーポレーションを設立。キャロル・T・マースも同席する。設立の目的は、現時点での銀河連邦に対する軍事兵器の研究・開発/譲渡。
銀河歴894年
銀河連邦は先の大戦でオーンに変わる勢力出現の脅威を教訓とし、これを阻止及び、オーン帝国残党狩りとして、銀河連邦軍GUARDINASのあらたな独立を認める。
銀河連邦は、惑星間航行として無人防衛システム・ケルベロスの亜空間航行システムを応用する。銀河連邦によってオーン帝国兵器であったケルベロスは、コピーされ、ケルベロス・システムとして生まれ変わる。
各システムはほぼ全区域に整備される。これにより、大戦への原因となった各惑星間の物資の問題は解決される。
GUARDINASはオーンが残存する惑星での武力行使・政治特権により、物流を制御する。
GUARDIANS、軍備強化、政治権を強める。
銀河連邦は、ケルベロス・システムの無人防衛システムを起動させ、惑星間での大規模な戦闘が行えないようにする。これは、GUARDIANSへの抑止力のためであった。
これに伴い、銀河連邦は突如の亜空間航行システムを閉鎖。
各惑星にて残存するオーンの動きが活発化する。
GUARDIANSとオーン残党との戦闘が激化する。オーン残党の活発化は、ケルベロス無人防衛システムの再起動にあるとGUARDIANSは断言し、銀河連邦を抗議する。これに対し、銀河連邦は否定するものの、オーン撃退対策として、軍事的配慮を行う。
GUARDIANSに反発する民衆とケルベロスへの規制に反対する集会がオーン恒星系惑星セイレーンで行われる。
ケルベロス・システムの暴走により、オーン恒星系の一つ、惑星セイレーンは事実上消滅する。
「亡霊戦争」勃発。
銀河歴895年
銀河連邦解散。
惑星エリスにて反銀河連邦組織S.O.Lが誕生する。GUARDIANSへ対抗する唯一の組織となった。
ロイ・S・マーキュリー密かに別名で公的に帰還、S.O.Lへ介入。
GUARDIANS、未確認外惑星系からの物体を入手を発表。民間企業ダイダロスコーポレーションに解析を依託する。
銀河歴896年
ロイ・S・マーキュリーとキャロル・T・マースと密会。
S.O.Lは、GUARDIANSから次期超高性能小型戦闘機プロトタイプ FireL.E.O Syrinx(シュリンクス)を奪取する。
S.O.LとGUARDIANSの戦いは全面戦争へと発展する。
「GUARDIANS大戦」勃発 ※ThunderForce forever
Copyright©2000-. Garow,Rights reserved. 無断転載、二次加工厳禁