進捗レポート

2006年5月29日

 CLAWモデリング進捗。
 仕事の合間を抜いて、モデリング。もっと変な形がよかったかな…。UV、その後のテクスチャ作業は、後ほど行います。


2006年5月19日

 片切さんから、プログラムの進捗。及び、僕のCLAWモデリング進捗。
 昨夜遅く、片切さんから雲の透過をテストしたプログラムを頂きました。配置や実際に僕がモデリング、マッピングしたデータではないので、以前Lightwaveで試したものとは全く違うのですが、一気に、雰囲気が出たと思いました。実際のマッピングデータがレンダリングされるのが、とても楽しみです。
 CLAWのモデリングに当たって、デザインをラフでいろいろ描いてみました。毎回シリーズごとに、このCLAWのデザインは変更されてきているので,オリジナルらしく違う物を考えています。似たような物で落ち着くとは思いますが…。
 だいたいイメージが固まったので、モデリングしようと思います。


2006年5月17日

 片切さんから、プログラムの進捗。
 敵のローディングができたことと、武器の実装に関するセッションができたという報告を受けました。背景オブジェクトのは位置関係も、順番に整えているので徐々に増えていくということです。ステージがループ系でない状況になったときも考慮されているので,楽しみです。
 敵のロードが行われ、仮の敵が描写されて動いてます。当たり判定もついているので、現状で弾に当たると消えてくれます。爆発のエフェクトなどは、最後になると思ってます。
 武器の弾描写は、くりかえして報告しますが、「仮の画像テクスチャ」です。後に,ちゃんとデザインされた物になります。順番に説明します。TWIN-SHOT/BACK-SHOT、立体的に出ているのが,スクリーンショットからわかりますでしょうか?奥と手前から出ています。敵と弾の当たり判定もそうなりますね。WAVEは、半透明処理されてます。ちなみに,ここの背景は、海中です。FREE-(仮)は、ターゲットに向かって弾道計算されています。この軌跡も湾曲レーザーのようなすてきなアルゴリズムを実装中ということなので、楽しみですよ。最後に、HUNTER。これは、お約束の敵に反応して飛び交う様子が、さすがです。スクリーンショットでは、敵と弾が少ない状況でわかりづらくて、申し訳ないのですが、これは動いているところをぜひ見せたいところですよ。
 僕が先月から今月、仕事で手一杯でして、作業できずにいて,片切さん、本当にごめんなさい。CLAWだけでも作り上げたいです。



2006年5月8日

 片切さんから、プログラムの進捗。おつかれさまです。
 ・ツインショットの左右交互撃ち
 ・バックショットの2門同時撃ち
 ・ハンターの3方向同時撃ち(攻撃対象が無いので誘導しませんが)
 の組み込みができたと報告がありました。GWは半分疲労と風邪で倒れてしまったので、来週どれくらい、僕が進められるかなぁ…ファイト!

2006年5月7日

 片切さんから、プログラムの進捗。前回の補足も兼ねて報告いたします。
 現状の操作では、上下に1画面分ほどスクロールしつつ自機を操作できます。そして、ショットを出せるようになってます。このショットは、waitなしの状態なので、1/60で描写されてます。今後、TF5の用な片方ずつ出るイメージやショット間隔で描写されるようになります。また、このショットの画像は、とりあえずですが、今後もとりあえず当てはめて、動きや位置、速度などを検討してから、徐々に差し替えていこうと思っています。
 敵のアルゴリズムの実装も進んでます。さきほど、自機の大きさに合わせて、数機の雑魚キャラをDirectX用にコンバートしました。
 レンダリング部分のコアとなるアルゴリズムが完成していたので、徐々に見える部分が、プログラム化されて来ています。片切さんからの進捗が毎回僕も楽しみです。リソースが追い越されないよう、僕もがんばらねば。


2006年5月2日

 片切さんから、プログラムの進捗。文章書いている時間がちょっとないので、また追記しますが、取り急ぎ報告します。操作できるようになりました!。感動です〜〜。キャップチャーするとちょっといまいちですが、実際は、くるくるっと回転したりする慣性がついてたりして、すてきです。では、また後ほど…


Copyright©2000-. Garow,Rights reserved. 無断転載、二次加工厳禁